高身長の風俗嬢を抱く

検討するのも好きですし

勢いに任せてとか、行き当たりばったりで風俗で遊ぶというケースはほとんどなくて、毎回しっかりと検討したうえで誰と遊ぶのかを考えるんです。別に慎重な性格ではないんですけど、風俗で遊ぶ時だけはちょっと違うんですよ。風俗で遊ぶ時には自分でもこだわるというか、失敗したくないという気持ちに、外したら勿体ないとか、支払った分のお金は元を取るとか、風俗だけではなぜかいろいろな気持ちがこみ上げてくるんですよ(笑)他のことに関してはこういった気持ちがコミュニケーションあがってくるようなことはないんですけど、風俗でだけはなぜかこの気持ちがコミュニケーションあがってくるのは不思議なものですけど、でもそれはそれで楽しいですし、そのこだわりがより大きな満足感を生み出してくれるって思ったら、風俗でのそういった気持ちは決して無駄なものではないんじゃないのかなって思っていますし、何よりそれがモチベーションにもなっているのかなって。

フラストレーションなら風俗に任せている

どうしてもフラストレーションが蓄積される現代社会では、如何にしてフラストレーションを解消させるのかが求められていると言っても過言ではない。だが、何をするでもなく、生きていれば蓄積されていくと言っても決して過言ではないフラストレーションは、解消するよりも早く蓄積されていくと言っても良いのでどのような手法で解消するのかが問われていると言っても過言ではない。そこで風俗だ。フラストレーションの解消にこれ以上の存在はないと信じているが、その理由は風俗嬢の存在にある。基本的に彼女たちはお客である我々をしっかりと受け止めてくれるのは間違いない。そして、受け止めてくれるだけじゃなく満足させてくれるのも間違いない。ということは、とりあえず風俗で遊ぶかなという軽い気持ちであってもフラストレーションが解消されているのだ。それだけ楽だからこそ、自分の中でもついついフラストレーションの解消に…と風俗を選ぶのだろうなと。